2018年10月03日

0005 昭和24年5月に制定された建設業法では、建設大臣又は都道府県知事は、その登録を受けた建設業者が建設業法に違反した場合は、営業の停止と登録の取り消しができることとされていたが、それらの処分を行うには、建設業審議会の同意が必要とされていた?


正しい。
建設大臣又は都道府県知事は、その登録を受けた建設業者が建設業法に違反した場合又は、一定の監督処分事由に該当する事実があった場合は、勧告、指示、営業停止又は登録の取消しを行うことができる旨規定されていたが、重要な監督処分である営業停止又は登録の取消しについては、建設業審議会の同意が必要とされていた。

なお、建設業審議会の同意が必要とする旨の規定は、建設業法制定後間もない昭和26年の改正によって、撤廃されている。
posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 20:18| 建設業法