2018年11月27日

0034 建設業法の概要 1−34 建設工事の請負契約


★今日の問題

問題:建設業法第三章には、建設工事の請負契約に関する規定が置かれている。これは、民法で定める請負契約に関する規定の特別法と位置付けられているが、建設業法第三章にこの規定が置かれた趣旨を二つ挙げよ。



10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え


次のとおりである。

1、民法の建前によれば、契約を締結する際は、当事者が対等な立場に立ってなされるものとされている。
しかし、現実の建設工事の請負契約では、注文生産の特性からして、注文者に著しく有利な規定が置かれることが、一般的な傾向としてみられる。そのため、この片務性を改善し、建設工事の施工の適正化を図るために、特別な規定が置かれた。

2、建設工事は、現実には、下請負人によって施工されることが多いが、元請負人との関係において、隷属的な地位に置かれることが多い。このことが、下請負人である建設業者の健全な経営を阻害する一因になっている。そこで、下請負人の保護を図るために、特別な規定が置かれた。

この二つの趣旨は基本なので、頭に叩き込んでおこう。それを踏まえたうえで最初の条文を確認しておこう。

第三章 建設工事の請負契約
第一節 通則
(建設工事の請負契約の原則)
第十八条 建設工事の請負契約の当事者は、各々の対等な立場における合意に基いて公正な契約を締結し、信義に従つて誠実にこれを履行しなければならない。

posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 21:49| 建設業法