2019年01月11日

0044 建設業法の概要 1−44 建設工事の請負契約


★今日の問題

問題:元請負人は、その請け負つた建設工事を施工するために必要な工程の細目、作業方法その他元請負人において定めるべき事項を定めようとするときは、あらかじめ、注文者の意見をきかなければならない。


10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え


間違い。
意見を聞くべき相手は、実際に、建築工事を手掛ける下請負人である。条文を確認しておこう。


(下請負人の意見の聴取)
第二十四条の二 元請負人は、その請け負つた建設工事を施工するために必要な工程の細目、作業方法その他元請負人において定めるべき事項を定めようとするときは、あらかじめ、下請負人の意見をきかなければならない。

posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:58| 建設業法