2019年01月23日

0050 建設業法の概要 1−50 建設工事の請負契約に関する紛争の処理



★今日の問題

問題:建設工事紛争審査会は、何のために設置されているのか?



10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え


建設工事の請負契約に関する紛争について、民事訴訟その他の制度を補うために、設置され、あっせん、調停、仲裁を行っている。
一般的に契約に関する紛争処理の制度としては、民事訴訟や民事調停、商取引における仲裁制度が設けられている。
しかし、建設工事の請負契約に関する紛争については、建設工事の技術的な判断が解決の決め手となることが多く、民事訴訟の手続きにはなじまない面がある。
また、民事訴訟の手続きは慎重に進められるため、事件の解決に長い年月を要することが少なくない。
そこで、建設工事紛争審査会が専門的により早期に紛争を解決することが期待されている。


(建設工事紛争審査会の設置)
第二十五条 建設工事の請負契約に関する紛争の解決を図るため、建設工事紛争審査会を設置する。
2 建設工事紛争審査会(以下「審査会」という。)は、この法律の規定により、建設工事の請負契約に関する紛争(以下「紛争」という。)につきあつせん、調停及び仲裁(以下「紛争処理」という。)を行う権限を有する。
3 審査会は、中央建設工事紛争審査会(以下「中央審査会」という。)及び都道府県建設工事紛争審査会(以下「都道府県審査会」という。)とし、中央審査会は、国土交通省に、都道府県審査会は、都道府県に置く。
posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:34| 建設業法問題