2019年05月14日

民法1−41 債権総論 行政書士試験過去問 2009年問31

ABCの三人がDに対して、60万円の連帯債務を負っている場合に関する次の記述のうち、妥当でないものはいくつあるか。




1、AがDに60万円を弁済した場合に、ABCの三人が負担部分は平等であるとした場合は、AはBCに20万円ずつ求償することができるが、もし、Cが無資力の時は、Bに対して、30万円の求償をすることができる。

2、AがDに60万円弁済した場合に、ABCの負担部分が1:1:0であり、Bが無資力の場合は、AはBCに対して、20万円ずつ求償することができる。

3、DがAに対して、60万円の債務を免除した場合に、ABC三人の負担部分が平等であるときは、BCは40万円ずつの連帯債務を負うことになる。

4、DがAに対して、連帯の免除をした場合に、ABCの三人の負担部分が平等であったときは、Aは、20万円の分割債務を負い、BCは40万円ずつの連帯債務を負うことになる。

5、ABCの三人の負担部分が平等であるとして、DがAに対して連帯の免除をした場合に、Bが債務全額を弁済したときに、もしCが無資力であったとすると、Cが弁済することができない部分のうち、Aが負担すべき10万円はDが負担する。










胡桃「これも連帯債務についての条文の知識を問うだけの問題だわ」

建太郎「うん。条文を覚えているかどうかだけの問題だな」
胡桃「まず、1はどうかしら?」

建太郎「Cが無資力なら、ABで折半するしかないよな。この条文が適用されるな」




(償還をする資力のない者の負担部分の分担)

第四百四十四条 連帯債務者の中に償還をする資力のない者があるときは、その償還をすることができない部分は、求償者及び他の資力のある者の間で、各自の負担部分に応じて分割して負担する。ただし、求償者に過失があるときは、他の連帯債務者に対して分担を請求することができない。




胡桃「2はどうかしら?」

建太郎「同じく、第四百四十四条が適用されるな。設問の場合は、Cには負担部分がないから、AはCに対して求償することはできない。それから、Bには求償できるけど、無資力であるならば、結局、Aが全額負担するしかないと」

胡桃「そうね。3はどうかしら?」

建太郎「Aへの60万円の債務の免除によって、Aの負担部分については、BCも債務を免れることになるよな。だから、BCは40万円の連帯債務を負うことになると」

胡桃「そうね。この条文が適用されるわ」




(連帯債務者の一人に対する免除)

第四百三十七条 連帯債務者の一人に対してした債務の免除は、その連帯債務者の負担部分についてのみ、他の連帯債務者の利益のためにも、その効力を生ずる。




胡桃「4はどうかしら?」

建太郎「連帯の免除の話だな。連帯の免除というのは、その人に対してのみ連帯債務免除するという意味だよな」

胡桃「そうよ。相対的連帯免除ということね。免除された人のみが、効力を受ける一方、ほかの連帯債務者への影響はないということね」

建太郎「ということは、Aの債務が20万円になるのは正しいけど、BCの債務は依然として、60万円の連帯債務だと」

胡桃「そうよ。5はどうかしら?」

建太郎「その通りでいいよな。次の条文が適用される場面だ」




(連帯の免除と弁済をする資力のない者の負担部分の分担)

第四百四十五条 連帯債務者の一人が連帯の免除を得た場合において、他の連帯債務者の中に弁済をする資力のない者があるときは、債権者は、その資力のない者が弁済をすることができない部分のうち連帯の免除を得た者が負担すべき部分を負担する。




胡桃「そうね。債権者としては、連帯の免除をすることによって、リスクをも負うということね。というわけで答えはどれかしら?」

建太郎「間違いは、2、4の二つだな」




建太郎&胡桃コンビが登場する楽しい教材はこちらです。





●【公務員、宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説

難化する一方の行政書士、司法書士試験の民法を攻略するためのポイントは、試験科目の条文と判例を徹底的に読み込むことです。
条文と判例の知識の量によって行政書士、司法書士試験の合否が左右されると言っても過言ではありません。
とは言え、判例六法等で、民法の第一条から読み込んでいくのは、きついものがあります。
このテキストは、会話文形式で、民法の第一条から第千四十四条まで学ぶことができます。条文を一通り読むと同時に、重要な判例知識を学ぶことができます。




→ 【公務員、宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法入門 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 民法総則編 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 物権法編・担保物権法編 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 債権総論編 現行法版 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 債権各論編 現行法版 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 親族法編 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 相続法編 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ民法債権法改正講義実況中継 民法総則編 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ民法債権法改正講義実況中継 債権総論編1 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

→ 【宅建士、行政書士、司法書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ民法債権法改正講義実況中継 債権総論編2 ライトノベルで学ぶ 民法条文 逐条解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 21:46| 行政書士試験過去問