2019年07月08日

0133 建設業法各論 2−42 建設業の許可 #建設業 #行政書士


★今日の問題

問題:一般建設業者は、発注者から直接請け負う一件の建設工事につき、請負金額が四千万円(建築工事業である場合においては、六千万円)以上となる場合は、建設工事を請け負うことができない。


10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え

間違い。
一般建設業者は、発注者から直接請け負う一件の建設工事につき、四千万円(建築工事業である場合においては、六千万円)以上となる『下請契約』を締結して工事を施工することはできない。

したがって、請負金額が四千万円(建築工事業である場合においては、六千万円)以上となっても、建築工事を自ら施工する場合や、請負金額が四千万円(建築工事業である場合においては、六千万円)未満となる下請契約を締結して、建築工事をする場合は、問題ないということである。



行政書士は、建設業の経理を知らなければ仕事にならない

建設業専門の行政書士になるなら、2級建設業経理士の知識は最低限必要です。
行政書士を開業する前に、絶対に取っておきましょう。



ユーキャンの2級建設業経理士通信講座

ユーキャンがおすすめの訳

□ わからないことがあったら、メールや郵便で質問できます。

□ この講座なら、経理の知識や簿記の学習経験がなくても勉強できます。

□ デジタルテキストや動画解説が利用できる合格デジタルサポートパックがおすすめです。


posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 20:28| 建設業法問題