2019年11月16日

肢別過去問形式で学ぶ建設業法 基礎編2【電子書籍】[ 実務で学ぶ資格試験プロジェクト ]

肢別過去問形式で学ぶ建設業法 基礎編2【電子書籍】[ 実務で学ぶ資格試験プロジェクト ]



肢別過去問形式で学ぶ建設業法 基礎編2【電子書籍】[ 実務で学ぶ資格試験プロジェクト ]


役所の手引書レベルの知識では話にならない!
建設業法等の法令を根本から学ぶことで、真の建設業法のプロを目指そう!


●建設業法のプロを目指すあなたへ

建設業専門の行政書士に求められるのは、役所の手引書に従って書類を書く力ではありません。
建設業法等の法令を解釈する力です。

クライアントや役所との交渉の場で、法解釈に基づいて、説明、説得する力です。

そのためには、建設業法等の法令について、徹底した勉強が必要になるわけですが、残念ながら、行政書士試験では、建設業法が試験科目にすらなっておらず、そのような能力を養う機会は得られません。

建設業法等の法令を解釈するためには、役所の手引書レベルの知識では話になりません。
本書は、建設業法等の法令を根本から学ぶことで、真の建設業法のプロを目指すことを目的としています。

建設業専門の行政書士を目指す方は、もちろんのこと、建設業界において総務・法務に関わる方にもぜひ、読んでいただきたいです。


●基礎編2に掲載されている内容

建設業法の条文に一通り目を通した方が、知識を確認するのに最適なレベルの問題となっています。
建設業許可関係の実務に携わるならば、当然知っていなければならない基本的な内容です。
行政書士として建設業許可に取り組もうと考えている方は、必ず、目を通してください。


●著者略歴

 実務で学ぶ資格試験プロジェクト
 長年の経験から培った実務知識を整理するとともに、後進のために記録を残し、伝えることを目的として立ち上げたプロジェクト。
 スマホ等で、いつでもどこでもチェックできる読みやすい書籍作りを心掛けています。
posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 21:03| 肢別過去問形式で学ぶ建設業法シリーズ