2020年03月25日

行政法1−29 行政法総論 行政書士試験過去問 2004年問10

次の記述のうち、行政法理論上、即時強制に当たるものはどれか。


1、建築規制法規に違反する建築物として、除却命令が出ているにもかかわらず、義務者が自主的に除却しないため、行政の職員が、義務者に代わって、除却する行為。

2、営業許可に付された条件の履行を促す行政指導を無視したまま、営業を継続している業者の指名を行政庁が公表する行為。

3、建築規制法規に違反する建築物の所有者からの給水申し込みを市長が歔欷する行為。

4、車両が通行する公道上に寝ころんだまま熟睡している泥酔者の安全を確保するため、警察官がその者を警察署に運び、保護する行為。

5、火災発生現場において、消防士が延焼の危険のある近隣の家屋を破壊してそれ以上の延焼を防止する行為。


胡桃「これは簡単だわね」
建太郎「おう。基本だな」胡桃「まず、即時強制って、何かしら?」
建太郎「あらかじめ、義務を命じる暇がない緊急の必要がある場合とか、事柄の性質上、義務を命じる方法では目的を達することができない場合に、直接、国民の身体、財産に実力を加えることによって、行政上、必要な状態を実現することだな」
胡桃「そうね。じゃあ、1からチェックしていくわよ」
建太郎「1は、違法建築物の除却義務だな。これは、代替的作為義務に当たると」
胡桃「2は、どうかしら?」
建太郎「行政指導に従わないことに対する行政上の制裁だな。即時強制ではないと」
胡桃「3はどうかしら?」
建太郎「違法建築物に対する行政上の制裁だな。即時強制ではないと」
胡桃「4はどうかしら?」
建太郎「典型的な即時強制だな」
胡桃「5はどうかしら?」
建太郎「同じく、典型的な即時強制だ」
胡桃「そうね。主に警察や消防の強制的な行為が即時強制に当たるということを押さえておいてね」
建太郎「OK」




建太郎&胡桃コンビが登場する楽しい教材はこちらです。


 公務員試験、行政書士試験の最重要科目、行政法がライトノベル風テキストでスラスラと読める!
 行政法を全く知らない。あるいは、行政法でつまづいている。
 そんな方でも、独学で、合格できるレベルに達することができます。




1、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法入門 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

2、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法総論 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

3、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政手続法・情報公開法・行政機関個人情報保護法【電子書籍】[ 判例六法ラノベ化プロジェクト ](楽天版)
【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政手続法・情報公開法・個人情報保護法 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))(アマゾン版)

4、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政不服審査法 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

5、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政事件訴訟法1 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))

6、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政事件訴訟法2 国家賠償法【電子書籍】[ 判例六法ラノベ化プロジェクト ](楽天版)
【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政事件訴訟法2 国家賠償法 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))(アマゾン版)

7、【公務員試験、行政書士試験対応版】ライトノベルで学ぶ 行政法7 行政手段論 ライトノベルで学ぶ 行政法 完全解説 (楽々合格国家資格試験ノベルズ(WEB限定版))


posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:33| 行政書士試験過去問