2019年04月24日

0098 建設業法各論 2−7 総則 #建設業 #行政書士



★今日の問題

問題:次の一覧は、建設工事の内容であるが、別表第一の上欄に掲げられている建設工事のいずれに該当するか? なお、土木一式工事と建築一式工事は考慮しないものとする。

1、ビルを建てる時の鉄筋工事と型枠工事
2、外壁のモルタル工事
3、建物を建てる際の足場組み工事
4、ビルの壁に取り付ける屋外広告物設置工事
5、鉄骨住宅を建てる際の鉄骨等の組立て工事


10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え

1、ビルを建てる時の鉄筋工事と型枠工事……鉄筋工事は鉄筋工事。型枠工事は大工工事である。
2、外壁のモルタル工事……左官工事業
3、建物を建てる際の足場組み工事……とび・土工・コンクリート工事
4、ビルの壁に取り付ける屋外広告物設置工事……とび・土工・コンクリート工事。広告物が鉄骨造りの場合は、鋼構造物工事に該当する。
5、鉄骨住宅を建てる際の鉄骨等の組立て工事……運搬し組み立てするだけならとび・土工・コンクリート工事。鉄骨の加工も行う場合は鋼構造物工事。

※重量物等を運んでクレーンで釣り上げて取り付ける工事は、たいてい、とび・土工・コンクリート工事に該当すると押さえよう。




行政書士は、建設業の経理を知らなければ仕事にならない

建設業専門の行政書士になるなら、2級建設業経理士の知識は最低限必要です。
行政書士を開業する前に、絶対に取っておきましょう。



ユーキャンの2級建設業経理士通信講座

ユーキャンがおすすめの訳

□ わからないことがあったら、メールや郵便で質問できます。

□ この講座なら、経理の知識や簿記の学習経験がなくても勉強できます。

□ デジタルテキストや動画解説が利用できる合格デジタルサポートパックがおすすめです。


posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:57| 建設業法問題

2019年04月23日

0097 建設業法各論 2−6 総則 #建設業 #行政書士


★今日の問題

問題:別表第一の上欄に掲げられている建設工事は、施工技術の相違、取引慣行等により分類されたものであるが、各工事の内容が他の工事と重複することもある。例えば、ふすま工事を請け負う業者は、内装仕上げ工事と建具工事のいずれにも該当するため、建設業許可を申請する際どちらを取得してもよい。

10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え

正しい。
建設工事は、純粋に一つの工事のみにより完成されることは、ほとんどなく、複数の工事が絡み合い補完しあって、成り立つのが通常だからである。



行政書士は、建設業の経理を知らなければ仕事にならない

建設業専門の行政書士になるなら、2級建設業経理士の知識は最低限必要です。
行政書士を開業する前に、絶対に取っておきましょう。



ユーキャンの2級建設業経理士通信講座

ユーキャンがおすすめの訳

□ わからないことがあったら、メールや郵便で質問できます。

□ この講座なら、経理の知識や簿記の学習経験がなくても勉強できます。

□ デジタルテキストや動画解説が利用できる合格デジタルサポートパックがおすすめです。


posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 20:32| 建設業法問題

2019年04月22日

0096 建設業法各論 2−5 総則 #建設業 #行政書士


★今日の問題

問題:「建設工事」とは、土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいうが、平成三十年現在、全部で29の種類に分かれている。

10秒で考えよう。よーいドン!

1秒

2秒

3秒

4秒

5秒

6秒

7秒

8秒

9秒

10秒



★今日の答え

正しい。

(定義)
第二条 この法律において「建設工事」とは、土木建築に関する工事で別表第一の上欄に掲げるものをいう。
2 この法律において「建設業」とは、元請、下請その他いかなる名義をもつてするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいう。
3 この法律において「建設業者」とは、第三条第一項の許可を受けて建設業を営む者をいう。
4 この法律において「下請契約」とは、建設工事を他の者から請け負つた建設業を営む者と他の建設業を営む者との間で当該建設工事の全部又は一部について締結される請負契約をいう。
5 この法律において「発注者」とは、建設工事(他の者から請け負つたものを除く。)の注文者をいい、「元請負人」とは、下請契約における注文者で建設業者であるものをいい、「下請負人」とは、下請契約における請負人をいう。


別表第一の一覧を確認しておこう。

別表第一

土木一式工事 / 土木工事業
建築一式工事 / 建築工事業
大工工事 / 大工工事業
左官工事 / 左官工事業
とび・土工・コンクリート工事 / とび・土工工事業
石工事 / 石工事業
屋根工事 / 屋根工事業
電気工事 / 電気工事業
管工事 / 管工事業
タイル・れんが・ブロツク工事 / タイル・れんが・ブロツク工事業
鋼構造物工事 / 鋼構造物工事業
鉄筋工事 / 鉄筋工事業
舗装工事 / 舗装工事業
しゆんせつ工事 / しゆんせつ工事業
板金工事 / 板金工事業
ガラス工事 / ガラス工事業
塗装工事 / 塗装工事業
防水工事 / 防水工事業
内装仕上工事 / 内装仕上工事業
機械器具設置工事 / 機械器具設置工事業
熱絶縁工事 / 熱絶縁工事業
電気通信工事 / 電気通信工事業
造園工事 / 造園工事業
さく井工事 / さく井工事業
建具工事 / 建具工事業
水道施設工事 / 水道施設工事業
消防施設工事 / 消防施設工事業
清掃施設工事 / 清掃施設工事業
解体工事 / 解体工事業



行政書士は、建設業の経理を知らなければ仕事にならない

建設業専門の行政書士になるなら、2級建設業経理士の知識は最低限必要です。
行政書士を開業する前に、絶対に取っておきましょう。



ユーキャンの2級建設業経理士通信講座

ユーキャンがおすすめの訳

□ わからないことがあったら、メールや郵便で質問できます。

□ この講座なら、経理の知識や簿記の学習経験がなくても勉強できます。

□ デジタルテキストや動画解説が利用できる合格デジタルサポートパックがおすすめです。


posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 20:01| 建設業法問題