2020年04月02日

行政法1−33 行政法総論 行政書士試験過去問 2011年問8

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、行政上の義務履行の確保に関しては、行政代執行法が一般法とされ、別に法律に定めるところを除いては、この法律の定めるところによる。

2、条例に基づく命令によって課された義務を相手方が履行しない場合は、代執行等の他の手段が存在しない場合に限り、地方公共団体は、民事訴訟法により、その履行を求めることができる。

3、食品衛生法に基づく、保健所職員による立ち入り検査に際して、受忍義務に反してこれを拒否する相手方に対しては、職員は実力を行使して調査を実施することが認められる。

4、法令上の義務に違反した者について、その氏名や違反事実を公表することは、義務違反に対する制裁と解されるので、行政手続法上、聴聞の対象とされている。

5、義務違反に対する課徴金の賦課は、一種の制裁であるから、罰金などの刑罰を併科することは二重処罰の禁止に抵触し、許されない。


胡桃「これも簡単だわね」
建太郎「おう。簡単だな」
続きを読む
posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:55| 行政書士試験過去問

2020年03月31日

行政法1−32 行政法総論 行政書士試験過去問 2010年問8

A市は、風俗営業のための建築物について、条例で独自の規制基準を設けることとし、当該基準に違反する建築物の建築工事については、市長が中止命令を発し得ることとした。
この命令の実効性を担保するた目の手段を条例で定める場合において、法令に照らして疑義の余地なく設けることができるのは、次のうちどれか。

1、当該建築物の除却について、法律よりも簡易な手続きで代執行を実施する旨の定め。
2、中止命令の対象となった建築物が、条例違反の建築物であることを公表する旨の定め。
3、中止命令を受けたにもかかわらず、建築工事を続行する事業者に対して、工事を中止するまでの間、一日につき、5万円の過料を科す旨の定め。
4、市の職員が当該建築物の敷地を封鎖して、建築資材の搬入を中止させる旨の定め。
5、当該建築物により営業を行う事業者に対して、1000万円以下の罰金を科す旨の定め。


胡桃「むむっ。変わった出題だな」
建太郎「そうね。でも、簡単でしょ」続きを読む
posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:31| 行政書士試験過去問

2020年03月30日

行政法1−31 行政法総論 行政書士試験過去問 2007年問9

次の記述のうち、正しいものはどれか。

1、法律の委任による条例に基づき、行政庁に命じられた行為については、行政代執行法は適用されない。

2、義務の不履行があった場合、直接に義務者の身体や財産に実力を加えることを即時強制という。

3、執行罰は、制裁的な要素を有するため、同一の義務違反に対して、複数回にわたり処することはできない。

4、強制徴収手続きは、租税債務の不履行のみならず、法律の定めがある場合は、その他の金銭債権の徴収についても実施される。

5、行政上の即時強制については、行政代執行法にその手続き等に関する通則的な規定が置かれている。



胡桃「これは簡単だわね」
建太郎「おう。ほとんど用語の問題だな」
続きを読む
posted by 実務で学ぶ資格試験プロジェクトチーム at 19:46| 行政書士試験過去問